ジョングクのブログはじめました。

BTSジョングクの黄金パウダーにかかった人

春の日を信じて

f:id:jungkookie:20201026144031j:image

Dynamiteの楽曲と活動はコロナ鬱な世の中とわたしの日常にたくさんの希望を与えてくれた。InTheSoopではありのままの少年の姿をした7人が愛おしくて、オンラインライブのON:Eでは最高のステージに胸がいっぱいになった。そんな中、わたしの心にあった感情はずっと『会いたい』一択だった。

 

そして、先日のジョングクのログを見て、我慢していたその感情が涙として溢れた。いい歳した大人だけど、変わらないジョングクの優しさと恋しさのあまり泣いてしまった。

f:id:jungkookie:20201026232952j:image

会えない日々が続く中でも、彼らはたくさんのコンテンツでわたしたちを時に元気づけて、時には癒してくれた。だけど、会えたときの幸せを知ってしまったわたしの心は、どうしたって完全には満たされない。わがままで欲張りだとわかっているけど、7人が恋しい。ジョングクが恋しい。

 

 

いつかユンギが言っていた言葉を思い出した。仕事をするのは食べて生きていくため、給料日に向かって走るんだと。だからわたしはその言葉を胸に今日もまた給料日に向かって走っているけれど、彼らに会えない日々はやっぱりつまらなくて寂しい。食べて生きていくためだけでは、エネルギーが足りなくてうまく走れない。

 

 

そう、わたしは彼らがいる場所に向かって、彼らに会えるかもしれない日に向かって走りたいんだ。そんな日が1日でも早くきてほしい。でも、実際にその日がきた時には同じように走っている人たちがたくさんいて、わたしはその場所に辿り着けないかもしれない。頑張って走っても息が切れるだけで、その姿は見れないのかもしれない。そう思うと、仕方ないとわかっているけど、ただ会いたいだけなのにそれすらも許されない現実と、約束されない未来に胸が苦しくなる。

 

 

そうやって毎日が過ぎ去っていき、気が付けば季節ももうすぐ秋から冬に変わろうとしている。

 

 

彼らが好きという気持ちは日々募っていくばかりで、この行き場のない想いをどこに向けたらいいのかわからない。わたしは今日もこんな風に重たい気持ちと隣り合わせで画面の向こうにいる7人を見つめている。元々遠い存在の彼らがもっともっと遠くに感じてしまう。自分でも呆れるほどわたしの頭の中は彼らのことでいっぱいだ。

f:id:jungkookie:20201027005828j:image

 

でも、ジョングクは言ってくれた。オンラインライブという形でもわたしたちに会えて幸せだと笑ってくれた。だからわたしもその幸せを大切にしたい。

 

それに暗い夜も寒い冬も永遠には続かない。明るい朝がきて、暖かい春がくることをわたしたちは知っているから。

 

 

だからいつかきっと訪れる春の日を信じてる。

その幸せを握り締めて、わたしたちの春の日を今日も、明日も、待っている。

 

 

 

会いたい

会いたいよ

どれだけ待てば

あといくつ夜を明かせば

君を見れるのだろうか

会えるのだろうか

寒い冬が終わりを迎え

また春の日がやってくる時まで

花が咲く その時まで

そこでもう少し待っていてほしい

待っていてほしい

 

BTS (방탄소년단) '봄날 (Spring Day)' Official MV - YouTube

f:id:jungkookie:20201026143939j:image

 

 

 

 

 

 

 

p.s.大好きな読者の皆さん

どんなわたしもいつも優しく見守ってくださり、ありがとうございます。皆さんの優しさに甘えて、今日みたいに書きたい気持ちが溢れたらふらっと立ち寄りますね。そして、皆さんとまた気軽にお話がしたくて、先日ツイッターのアカウントを作り直しました。よかったらまた話しかけてやってください♡

@jkookie_nuna